MENU

チャリ乗りのために役立つ、ハイパーメディアを目指しています。
ヴェロといいます。
ネコアレルギーのライダー。

カテゴリー

スポンサーリンク

NEO 2 が11万円台!

ルートラボは3月いっぱいまで⇒STRAVAのルート機能はルートラボ以上だった

「4iiii」クランク型パワーメーターを使ってみる

ある程度自転車に乗っていると伸び悩むタイミング、成長の壁にぶつかることがあります。最初のうちはぐんぐんと早くなるのに、ある程度まで成長すると最初の頃の伸びが見られなくなる。走り込んだり、筋トレしたりいろいろ頑張ると思います。 国内のパワーメーター市場見るとパイオニアが半分以上シェアを占めているのではないでしょうか?次にクランク型のStagesやハブ型のPowerTap、Germinのペダル型などがあります。いずれも7万円以上の高価なアイテムです。 そこでリーズナブルなのにUCIプロチームであるクイックステップやピーター・サガンの所属するBoraハンスグローエが採用している、4iiii パワーメーターを買ってみました。

左クランクのみUSD399.-

もし自前のクランクを送ってつけてもらう場合には、USD399 約42,000円くらいです。左クランクのセットも販売しているので、外すのが面倒くさければUltegraだとUSD499.- 約53,000円でパワーメーターが購入できます。

取り付けは簡単。ですが必ずトルクレンチで。

左クランクのパワーメーターを購入して、お店につけてもらうのもいいですが、ここはせっかくなので自分で取り付けましょう。必要な工具は、トルクレンチとキャップのやつ。 まず、キャップを外して、左クランクを止めている2本のネジを緩めます。ここでは外さないようにしましょう。そして、この小さい部品を楊枝などで上に上げましょう。すると、すぐにクランクが外れます。 取り付けは逆の要領で、部品を下げます。2本のネジを締めていく際には両方順番に同じように占めていきましょう。例えばこのネジのトルクは12~14Nmになるので、トルクレンチの目盛を3Nm, 6Nm, 10Nm, 12Nmなど少しずつ両方順番に締め上げていきましょう。そしてキャップを取り付けて完了です。簡単ですね。

電池はコイン型のCR2032

電池の交換はとても簡単で、動画のようにロックを解除してオモテウラを間違わないように入れ替えるだけです。電池の残り残量はスマホのアプリですぐ確認できます。 コスパ重視で信用もできるパワーメーター 将来的にパイオニアのパワーメーターが欲しいけどなかなか手が出なかったり、コスト・パフォーマンスが高くてプロチームも使うくらい信用があるパワーメーターを手に入れたい方は、4iiiiを選びましょう。