MENU

チャリ乗りのために役立つ、ハイパーメディアを目指しています。
ヴェロといいます。
ネコアレルギーのライダー。

カテゴリー

スポンサーリンク

NEO 2 が11万円台!

ルートラボは3月いっぱいまで⇒STRAVAのルート機能はルートラボ以上だった

Garminの起動時に表示させるテキストをカスタマイズしよう

みんなもってるガーミンのサイクルコンピューター。起動時に表示されるテキスト。じつは自由にカスタマイズできる。

やり方

まず手元のGarmin EdgeをPC/Macにつなげよう。GARMINという外部メディアとして読み込まれるので中身を確認。写真はMacになるが、第2階層にstartup.txtというテキストファイルがある。このファイルを編集することで自由にテキストを書き換えることができる。<!– Type your message on the next line –>より下に入力したテキストが表示される仕組みだ。

使い方はさまざまだが、オススメは紛失してしまったとき連絡がつくように設定しておくこと。親切な方ならパクらないで返してくれるはず。そしたらしっかりお礼をしよう。連絡先だけでなく、クラブ・サークルの名前、Strava・TwitterのIDなどでもいいかもしれない。ちなみに、<display = 5>の数字を変えることで起動時のメッセージ表示時間(秒)を変えることができる。

 

テキスト例

連絡先だけのパターン

拾った方はこちらへご連絡お願いいたします。

連絡先:XXX-XXXX-XXXX

SNSのパターン

拾った方はこちらへご連絡お願いいたします。

Twitter: @XXX

ふざけたパティーン

パクったらころす!返してください!絶対に返してくださいね!

呪いパターン

これを拾ったら持ち主に返さないと呪われます。

連絡先:XXX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です