ルートラボは3月いっぱいまで⇒STRAVAのルート機能はルートラボ以上だった

【トラブル】NEO 2T 異音・不具合対策マスター

こんちゃす、ヴェロ(@velottme)です。

Tacx NEO 2T を購入したのですが、レビューやインプレ記事をのぞくと見つかる、異音やエラーなどのトラブル。

買ったばかりなのでそんな不具合はありませんが、いざというとき、対応できるように調べてきました。

【インプレ】Tacx Neo 2T T2875 スマートトレーナーで自転車をもっと好きになろう
ヴェロ

高い買い物だから、何かあったときにあたふたしないように。

どんな記事?

この記事ではTacx NEO ユーザーに役に立つトラブル対応のいろはを紹介していきます。

異音トラブル

NEO でいちばんよく聞くのが異音によるトラブルです。

異音にも種類があります。しっかりどんな音なのか聞いて対策をしましょう。

ヒューヒュー(口笛みたいな音)

空気がもれるようなヒューとした音がなるんですけど?

本体の回転するパーツの間にある空気が出ていることに起因します。特に35kmくらいの速度の場合そうなります。

解決策

その音は仕様なので、あきらめましょう。

ヴェロ

仕様かー。ざんねん。

カタカタ

カタカタ音がなるんですけど?

下のどちらかに原因がある場合が多いです。

解決策1:フリーハブのグリス不足

ほとんどのパキパキ音はフリーハブのグリスを塗布することで防ぐことができます。

【メンテ】毎年忘れずに!Tacx NEOのメンテナンス
ヴェロ

公式サイトによると、一年に一回グリスは塗布しましょうと書いてある!

解決策2:カセットスプロケットの取り付け不良

他に考えられるパキパキ音の原因として、カセットスプロケットの取り付けが甘いことが考えれます。きちんと締めなおしましょう。

【必見】シマノ製品のことは公式マニュアルにまかせろ

キンキン(金属同士が接触してるような音)

キンキン・カンカン音がなるんですけど?

マグネットの磁力はとても強いため、回転するディスクの中に金属製のゴミがたまることがあります。

解決策:クリーニング

ディスク部分をクリーニングすることで、ほとんどの金属音は解消することができます。

【メンテ】毎年忘れずに!Tacx NEOのメンテナンス

LEDエラートラブル

正常なLED表示

本体左側、モデル名の横にはLEDライトが装備されており、様々なエラー、NEOの状態を教えてくれます。

LEDは電源に接続された場合のみ光ります。

LEDが光らない

電源ケーブルがコンセント、プラグがNEO本体に接続されているか確認しましょう。もしだめなら、他のコンセントも試してください。

それでもだめならば、サポートへ連絡しましょう。

電源LEDが光らない

電源の青いLEDは点灯していますか?

コンセントに接続しているにもかかわらず、電源の青いLEDが点灯していない場合、交換しましょう。

青いLEDが点灯している場合(にもかかわらずNEOの赤いLEDが点灯しない場合)、ひとまず、すべて外してみましょう。60秒間ほど待って、つなぎ直します。

それでもだめならば、サポートへ連絡しましょう。

赤LED点滅

ファームウェアのアップデートに失敗した際、このような症状になります。

電源をコンセントから外し、20分間放置します。次に、Tacx Utility アプリを削除して、再インストールしましょう。

1時間後ファームウェアのアップデートを再度試みてください。

赤い2つのLED点滅

電源のLEDとANT+のLEDがともに点滅している場合、NEO本体がオーバーヒートしていることを示しています。

直ちに使用を止めて、Tacx Utility アプリに接続しましょう。

エラーの詳細を確認してください。

それでもだめならば、サポートへ連絡しましょう。

Bluetooth接続トラブル

スマホがNEOを認識しないんだけど…

既に他のアプリと接続している可能性があります。

解決策:ペアリング解除

直前に他のアプリや機器に接続してませんでしたか?

NEOに限らずTacxのスマートトレーナーが、Bluetoothを介してスマホやパソコンのアプリケーションと接続できないのは、既に他の機器もしくはアプリと接続されているからです。

そのような場合、本体のLEDライトをチェックしてみましょう。

写真のように青く点灯している場合、既にアプリや機器と通信状態になっています。

新たにペアリングをしたいものがある場合、既存のアプリもしくは機器の接続を解除してから行いましょう。

リアディレイラー干渉トラブル

一番軽いギアにするとRDがあたるんだけど?

付属のスペーサーで対応可能です。

解決策:スペーサーをはさもう
STEP.1
フリーハブボディを外す

5mmレンチでスプロケットごとフリーハブボディを外します。黒い筒状のパーツも引き抜きます。

STEP.2
スペーサーをはさむ

付属する2つのスペーサーをNEOの車軸に挿入しましょう。

STEP.3
フリーハブをもどす

黒い筒状パーツ、フリーハブ、スプロケットをもどします。再度5ミリのアレンキーで締めて完了です。

まとめ

値段が高いだけに、トラブルが起こると気が気じゃないですよね。

NEOのトラブルの原因と対策についてまとめましたが、いかがでしたか?

トラブルを未然に防ぐ、もしくは何か起こった場合に原因を特定できるように、メンテナンスのやりかたも紹介しています。

【メンテ】毎年忘れずに!Tacx NEOのメンテナンス

それでは、Tacx NEOで良きローラーライフを!