MENU

チャリ乗りのために役立つ、ハイパーメディアを目指しています。
ヴェロといいます。
ネコアレルギーのライダー。

カテゴリー

スポンサーリンク

NEO 2 が11万円台!

ルートラボは3月いっぱいまで⇒STRAVAのルート機能はルートラボ以上だった

【Nokia Body+ レビュー】これで体重管理できなかったらもう後はないよ

サイクリストにとって体重の管理をすることは、息をすることと同じく重要です。パワートレーニングに直接関わる数値であると同時に、ヒルクライムを語るならなおさら。

如実にタイムに影響してくる数値でもあります。日々体重を意識することは、その日のカロリー収支を決めたり、運動時間の調節の目安にもなります。

ただ面倒なのは、毎日体重計に乗って、数値をパソコンやアプリに入力することです。

乗るだけで勝手にログを記録してくれるスマート体重計がある

僕の足とBody+

近頃、WiFi / Bluetoothを搭載したスマート体重計が発売されていることはご存知かと思います。

中国製の手に入りやすい価格帯や国内メーカーのそこそこ値段のするものまで幅広く展開していますね。ただ、どれもすべて仕組みは同じ。

体重計に乗ることでその情報をワイヤレスでアプリに送信し、記録しつづけてくれるものです。

毎日、決まった時間に体重計に乗るだけ。これで体重管理ができなかったらもう後はないでしょう(笑)

Withings / Nokia スマート体重計 Body+ を買ってみた

もともとWithingsという商品名でしたが、2017年ごろNokiaに買収されてしまいました。

*2018年末またWithingsが買収しなおしています。

このスマート体重計は3モデル展開しています。僕は真ん中のモデルであるBody+を購入しました。

詳細は下記の比較表を見てください。

ラインナップ Body Body+ Body Cardio
値段 ¥ 8,510 ¥ 13,910 ¥ 25,250
カラー ブラック / ホワイト ブラック / ホワイト ブラック / ホワイト
無料のHealth Mateアプリ (Android 5+ / iOS8+)
自動同期:Wi-Fi & Bluetooth
マルチユーザー:最大8人自動認識
体重&BMI
天気予報  ✔
全身組成分析:体脂肪、筋肉量、骨量、体水分率
脈波伝播速度
心拍数
電池寿命 最大18ヵ月間持続します(電池式) 最大18ヵ月間持続します(電池式) 最大12ヵ月間持続します(充電式)

私が注目したのは3つのポイントです。

スマート体重計に必要な機能
  • 値段
  • 全身組成分析(体脂肪、筋肉量)
  • 自動同期

これらを満たしつつ、コスパもいいのが、Body+でした。

まず、Health Mate 無料アプリをインストール

アプリストアからHealth Mateをダウンロードし、アプリ上でアカウントを作成します。

Body+をアプリにデバイス追加

下メニューのマイデバイスへ移動し、”デバイスをインストール”をタップ。画面に表示される手順どおりにすれば登録は完了です。

さっそく乗ってみよう

乗ってみるとまず体重が表示され、その後に体脂肪率、水分量、今日の天気が順に表示されます。(表示項目、表示順はアプリの設定でカスタマイズ可能。)

つぎに、アプリを開いて同期しているか確認してみましょう。下メニューの日記もしくはダッシュボードできちんと記録が同期されば大丈夫です。

他のアプリと連携しよう

アプリの!にて下記アプリと連携が可能です。ランやバイクをする方なら、なじみのあるアプリが選べるはずです。

iPhoneユーザーならかならずiOSヘルスケアとの連携は設定しておきましょう。

連携できるアプリ(抜粋)

  • iOSヘルスケア
  • Garmin Connect
  • MyFitnessPal
  • RunKeeper
  • Nike+
  • Nest

iOSヘルスケアアプリとの連携

アプリを開き下メニューからソースを選択します。

Health Mateのメニューですべてのカテゴリをオンを選択しましょう。これでHealth MateがiOSヘルスケアアプリに情報を書き込む許可を与えることになります。

つまり、Health MateがアップデートされればiOSヘルスケアも同期するということです。

Garmin Connectとの連携

こちらの連携も上と同じくソースからConnectを選択しましょう。

すべてのカテゴリをオンでも問題ありませんが、今回はConnectにヘルスケアからデータを読見込むことの許可をあたえるので、Connectにデータの読み出しを許可の項目だけオンでも構いません。

これでHealth Mate -> ヘルスケア > Garmin Connectまでの同期ができるようになりました。